囲いによる安心感!クローズ外構工事

プライバシーをしっかり保護!

東京都の町田市でも、住宅のすぐそばに通りがあり多くの人が通る場合などはクローズにする必要があります。
一昔前であれば、ブロック塀を利用して部屋の中が見えないような工夫をしていましたが、最近はそのようなことをすることで泥棒が入ったときにわかりにくいためブロック塀をなくした家が増えています。
ですがプライバシーを考えると外構工事をする場合には、樹木などを植えたほうが安心でしょう。
ただし、泥棒が侵入しやすい傾向になりますのでセキュリティを充実させる必要があります。
防犯カメラだけでなく窓ガラスの2重ロックなども検討してみるべきです。

費用はかさむことが多い

外構工事にもさまざまな種類がありますが、周りを樹木や壁などで囲ってしまった場合には費用がかさむことが多くなります。
例えば日本の平均的な住宅の設置面積は30平米ほどになりますが、一周囲むだけでも30メートル以上ありますのでその分のブロック塀や樹木を購入しなければなりません。
もしあまりにも負担が大きい場合には、少しずつ付け加える方法も考えられます。
また一つの方角のみクローズにすることで、費用を大幅に減らすことが可能になるでしょう。
よくわからない場合は、工務店や業者の方に連絡をして具体的な案を聞いてみるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です